産後、急に夫婦仲が悪化する『産後クライシス』という現象が、いま、クローズアップされているそうです。

何と!産後というは、急激に夫婦仲が悪化するタイミングだというのです。

“夫婦仲の悪化”と言っても、どちらかと言えば、妻の側から夫に対する愛情が、急激に冷めてしまう場合が多いようです。

しかも最悪の場合、離婚にまで至るケースもあるというのです。

昨年『ベネッセ次世代育成研究所』が、約300名を対象に行った調査で、

1.妊娠期

2.0歳児期

3.1歳児期

4.2歳児期

いずれもお子さんの年齢ごとに、

『配偶者を心から愛していると実感する』

という夫婦の割合を追跡調査したものです。

1. 妊娠期

男性・・・74.3%
女性・・・74.3%


2. 0歳児期

男性・・・63.9%
女性・・・45.5%

3. 1歳児期

男性・・・54.2%
女性・・・36.8%

4. 2歳児期

男性・・・51.7%
女性・・・34.0%

出産前までは、男女とも4人に3人が、「相手を愛していると実感」と答えているのに、
子供が2歳になる頃には、女性側は3人に1人まで激減していますね。

これって、もっと調査を継続させたら、もっと驚愕の結果となったかも知れません。


産後クライシスに身に覚えのあった方々の多くが、「夫が家事・育児に非協力的だった」ことを、ずっと不満に感じていたそう…。

『日本男性の家事・育児参加は、世界的に見ても最低の水準』と言われています。

今は、“イクメン”パパも増加しているようですが、それでもまだまだ少ないんですね!

また、厚生労働省が、およそ1400人のシングルマザーに「末の子どもが何歳の時に離婚したか」という調査を行なった結果、

(選択肢は、「0~2歳」期、「3~5歳」期、「6~8歳」期と、3歳ごとに分け、成人手前まで)

一番回答の多かったのが、『0~2歳期』

3割近くを占めているというデータが出たというのです。


個人的にこれ、すっごい分かります!

私も、家事・育児でノイローゼになりそうな時に、のんびりとゲームばかりしていた夫に、常時、イライラしていました(笑)

また、知人や職場の人たちの間でも、お子さんが2歳ぐらいから(特に二人目以降)、セックスレスになった人の多いこと!

つまり!潜在的に離婚の危機を抱えている家庭が、たくさんあるってことですよね。


妻の出産後、ダンナ様が、育児や家事に積極的に参加しているご家庭では、『産後クライシス』は少ないという調査結果もあるそうです。


出産で体力を失ってしまった後に、夜・昼関係ナシの育児。

慢性的な睡眠不足。

自分のペースでは生活できない毎日。

お母さん業は本当に大変。

お父さんも、疲れて帰宅してから家事や育児なんて、すっごく大変だと思いますが、せめて育児の一番大変な時期だけでも、最大限の協力をしてみては!?

将来の「離婚」回避になるかも知れませんよ。