いまや毎日何かしらの話題を耳にする、

ディズニー映画『アナと雪の女王』


「観客動員数の記録を更新した」とか

「サントラ盤の販売数の記録を塗り替えた」とか…

あの主題歌、『Let it Go』も耳にしない日は無いくらい。

否応なしに流れてきますよね。



その一方で、『アナと雪の女王』・・・略して『アナ雪』を、批判する芸人さんが続々と現れ出しました。


● 例えば、爆笑問題の太田さん。

ゴールデンウイークに開催された、『みんなで歌おう♪』について痛烈批判。

これは劇場で“歌うのがオッケー”で、みんなで歌いながら、アナ雪の映画を観るというイベント。

それに対して太田さんは、

「気持ち悪い。」

とラジオ番組で語っています。





● また、千原ジュニアさんは、

「あれ歌わへんかったら30分や。」と、語っています。

つまり、

歌がなかったら、30分の中身しかないストーリー

と言いたいようです。



● おぎやはぎの小木さんは、

「歌はいいよ。内容は酷い。」

「(今まで)映画観た中で、一番つまんないかもしれない。」



● 伊集院光さんは、

「悪いところも良いところも一切ない。こんな毒にも薬にもならない映画、久々に見た。」

そうコメントしています。


「男性は受け付けないのだろう。」
と、分析している記事もありましたが、女性である私も、アナ雪には拒絶反応が出ます。


私はミュージカルというものを、生理的に受け付けません。
タモリさんとおんなじです(笑)

あと、ディズニーのアニメ映画の、大げさな動きやセリフが苦手。

それから、何でもハッピーエンドにしようとするのがイヤ。


例えば『リトルマーメイド』


あれ、『人魚姫』の切ないお話がぶち壊しでした。

悲劇の物語なのに、ストーリーが王子様とハッピーエンドに変わってしまい、おまけに子供まで生まれる。

で、その子供が主人公の続編映画があったりする。

もう、がっかりでした。



アナ雪も、本来の雪の女王とは別モノですよね。

なので最初から、『アナ雪』を観ようという気持ちはゼロです。



ま。もともと私は、昔から少女趣味が苦手で、怪獣映画が大好きでしたので、

こんな私は、『ゴジラ』の映画にフィーバーしたいと思います。