鯨(クジラ)に続き、鰻(うなぎ)にも危機が!!!

unagi.jpg

何と!

ニホンウナギが絶滅危惧種のレッドリストに乗っかっちゃったそうなんです。

ええっ!!Σ(゚Д゚)

もう、うなぎの蒲焼が食べられないの!?



いえ、それ以上に、日本中のうなぎ屋さんが、顔面蒼白ですよね。

でも絶滅危惧種って、養殖の場合はどうなるの!?

養殖うなぎも範囲内なの!?



今回、『ニホンウナギ』を絶滅危惧種のレッドリスト入りを発表したのは、

IUCN(国際自然保護連合)

世界の野生生物の専門家などで構成されていて、法的拘束力はなし。



ですので、うなぎを絶滅危惧種としてリスト入りさせたからと言って、いますぐどうこうなるわけではないそうです。



ただし!!!

2年後のワシントン条約により、ニホンウナギの取引を規制される可能性があるとのことです。


実は、日本の養殖ウナギの稚魚は、大半が中国より輸入しているそうです。

もちろん、スーパーなどで見かけるウナギも、安いものはほぼ中国産ですよね。



ワシントン条約で、ウナギの取引禁止令を締結されちゃうと、これは完全にアウト!

海外から、稚魚すら輸入できないのでは、ウナギは店頭から消えてしまいます。



いまのうちに、後悔のないように、存分に味わっておいたほうがいいかも知れませんね。