金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画

『磁石男』


タイトルがイマイチだったので、全く期待してなかったのですが、

これが意外と面白い!!!



向井理さん演じる壮介(そうすけ)は、大庭ファームという農場の経営者。

jisyaku.jpg

農業体験を開催しているのですが、そこで次々とカップルが生まれるため、婚活スポットとして大盛況。


この、壮介というキャラが面白い!

一瞬で人の本性を見抜いてしまい、遠慮なくズバズバ毒を吐くんです。

それが小気味いい。


また、人と人の相性も一瞬で見抜いてコンビを組ませるので、それでカップルが発生したり、息の合う友人ができたり…。

農業一途の、不作法・不調法な男性かと思えば、スーツ姿がよく似合って格好良く、しかもイタリア語がペラペラ

意外とデキる男で、そこがギャップ萌えだったりします(^ω^)



一方、相武紗季さん演じる“しおん”は、理想の男性をゲットするために、お金と手間を惜しまず、ずっと自分を磨き続けていた女性。

そんな自分に見合うのは、高収入・高スキルな男性だと考えています。

まあ、ありがちな設定ですよね



まあ、ストーリーはザックリ言うと、

「最初はケンカばかりしていた男女がくっつくラブストーリー」

という、ありがちな展開です。

でも、話の展開のテンポも良くて、ついつい引き込まれて最後まで見てしまいました(^^)



このドラマでめちゃくちゃ可愛かったのが、

ウシ子!

壮介(向井理)が飼っているホルスタインです。

このウシ子、都会的でおしゃれな、しおん(相武紗季)を気に入ってしまうのです。

usi.png


しおんの付け爪に憧れて、自分のひずめ(?)にも付け爪してもらったり、

かわいいスカーフを頭に巻いてもらったり…。

だんだん、おしゃれで都会的な牛に大変身!?するのです。



あまりの可愛さに、牛を飼ってみたくなったほどです(*^。^*)



久々に楽しく観られたドラマです♪


ちなみにタイトルの『磁石男』の意味ですが、

人の相性を磁石のNとSになぞらえて見分けることができるからのようです。

磁石のNとSは、くっつくので相性が合います。

NとN同士、またはSとS同士は、くっつかないので、相性が合わないというわけです。